クレジット不要のETCカード

クレジットカードとセットで、意外に簡単にETCカードの申込みができることがわかっていただけたと思います。

でも、クレジットカードを持ちたくないという人もけっこういますよね。

ETCカードを作るには、どうしてもクレジットカードを作らないといけないのでしょうか。

答えは「いいえ」です。

クレジットカードを持ちたくない人は、「ETCパーソナルカード」を作ることで、ETCカードを持っているのと同じように料金所を通ることができます。

ETCカードの場合はクレジットカード精算されますが、ETCパーソナルカードの場合は、利用分を後日口座から引き落とされます。

申込書は、高速道路のサービスエリアで入手するか、ETCパーソナル事務局に連絡すると申込書を送付してくれます。

ETCカードと違う点としては、申込み後にデジポット(保証金)を預けなければ使うことができないということです。

ETCカードと違い、予め審査がないので、デジポットを担保とするわけですね。

このデジポットは以降の通行料金に充てることはできません。

デジポット額は、平均利用月額えを5000円単位で切り上げした額の4倍の額か、年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた額のどちらか高い額となるので、けっこう高くつきます。

もし、クレジットカードを作っても支障がないのであれば、クレジットカード会社でETCカードを作った方が手軽でいいと思います。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.